ラグビーを見ているとなぜここでキックをするの?と疑問が浮かぶことがあると思います。

ラグビーで使うキック(蹴り方)には5種類あります。

場面ごとのキックの種類やキックを選ぶ理由をわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ゲームのスタートや再開にキックが必要!

ゲームのスタートや再開に使われるキックをキックオフといいます。キックオフについて簡単に説明します。

 

キックオフが行われる条件とは?

  1. キックオフはゲームの各ハーフと延長時間の開始時に使われます。
  2. 得点後、もしくはタッチダウン後に使われます。

 

キックオフができるチームとは?

  1. ゲームの開始前に、トスに勝ったチームが優先です。トスに勝ったチームが再度を選びますと、相手側に権利が移ります。
  2. ハーフタイムのキックオフは、ゲーム開始時のチームの相手に権利があります。

 

キックオフのやり方とは?

  1. ハーフウェイラインの中央から後方でキックを行います。
  2. キックはドロップキックを使わないといけません。

 

ドロップキックとは?

ドロップキックとは、カラダの前で一度バウンドさせたボールをキックすることです。

敵陣でのプレーがとにかく有利なのでキックを使う!

ラグビーは敵陣でボールを支配することが得点への近道ですので、自軍が押し込まれているケースでは飛距離の出るキックが現状打破に有効です。

 

前に蹴るのはオッケー!

ラグビーは相手の陣地内にあるゴールを目指しますが、パスの方向は常に真横から自陣に向けてになります。

前方の相手側に投げることが許されていません

よく比較されるアメフトは前方に投げることは許されています。

しかしキックは前方が認められていますので、一気にポジションを進めたり方向転換ができます。

 

パントキックは自軍のサポートがいないときに使う!

ボールを持った時に自軍のサポートが遠い時がありますよね。

相手が2人以上近くにいるときは、パントキックで自軍の選手に向けてパスを出します。いわゆるキックパスですね。

 

パントキックとは体の前に両手で持つボールをフワッと浮かせ、地面にボールが着く前に蹴り出すことです。

特徴としては、空の方向に高く蹴り上げることができますので、チームメイトの移動の時間が、ボールを高く上げるほど稼げる利点を持っています

またドロップキックより扱いやすく、近距離のキックパスに最適です。

 

キックパスはスピードスターがいるときに使う!

またキックパスは、自軍のバックスにスピードスター(足が速い)が存在するときに有効です。

誰もいないスペースができたところにキックでボールを打ち上げたり、転がしたりしたところをスピードスターに拾ってもらいトライにつなげる攻撃ができます。

 

キックで直接ゴールを狙える!

キックでどこからでも直接ゴール(得点)を狙うこともできます。

これをドロップゴールといいます。

ゴールポストの間でクロスバーの上を通過すると3点入ります。

この時のキックはドロップキックを使います。

見ている側はキックが簡単にできているように見えますが、実際は相手側のプレッシャーが強く、キックによほどの自信がないとできません。

 

ラグビーの試合でキックを使う2つの大きな理由まとめ

ラグビーにおいてキックを使う理由は

  1. キックオフでルール上使わなければならない
  2. 様々なシチュエーションに応じた戦術としてキックを使う

の2点でした。

キックが上手い選手はチームのどのポジションでも重宝されるほど奥が深い技術ですので、積極的に身に着けていきましょう。

スポンサーリンク