ラグビーの攻撃の基本的な考え方は、アタックする人数を余らせてトライを奪いに行くというスタイルが大きく占めていました。

しかし現在のラグビーは、ディフェンスが高度化し通用しなくなりつつあります。

ディフェンスラインの強化が徹底されているからです。

今回はラグビーのディフェンスの基本的な技術について解説します。

スポンサーリンク

 

ラグビーディフェンスの基本① ギャップがあると危険!

ギャップとはディフェンスラインが崩れていることを言います 。

現在の流行のディフェンスはフラットラインといって真横に一直線に並んでいます。

これは一直線にし隙間をできるだけ作らない作戦です。

ところがディフェンスラインが一直線ではなく、くの字などになってる場合は相手からのボールキャリアの選手に抜かれてしまう空間が多くなるためです。

相手の動きに気を取られるので、忘れがちになりますが、常に隣の選手の位置を確認しましょう。

 

ラグビーディフェンスの基本② ノミネートで人数を合わせる

ディフェンスは1対1で、どの選手を止めるのかあらかじめ決まっています

ノミネートとは、自分の相手が前にいるか確認することです。

ディフェンスラインを作りながら、ノミネートし、ディフェンスが足りているか確認します。

もしディフェンスが足りない場合は、素早くディフェンスを用意します。

 

ノミネートの際に心がけたいことは、ボールのあるポイントに近い方からノミネートし、大外の状況を把握することです。

ノミネートは互いに声を出し合って確認します。

名前やヘッドキャップのカラー、背番号(確認しにくい)を言います。

 

ラグビーディフェンスの基本③ ミスマッチの対処方法とは?

ミスマッチとは一対一の場面でポジションの特性で相性が悪い選手がいることです。

例えばカラダのサイズが大きく違う場合、ストップがかけれない。

また、フォワードの選手がバックスの選手をマークした場合、スピードで抜かれるなどです。

他に選手がいない場合はノミネート時に、相手が足が速いなど伝えることもできますので、隣の選手にはカバーリングをお願いしましょう。

 

ラグビーディフェンスの基本④ 素早いリロードを身に付けておく

リロードとはラックの状態で倒れている選手に素早く立ち上がるように声かけするときの言葉です。

ラックに参加するのか、ディフェンスに回るのか、次の行動に早く移れという意味です。

ディフェンスではよくあるシチュエーションなので、声かけが頻繁に行われています。

選手たちのなかで頭では分かっているのですが、起きる動作が遅いケースにも使われます。

 

トップリーグのチームでは、このリロードのスピードを重視しているチームがあります。

このチームはレスリングのタックルの練習を取り入れて受け身が上達。

タックル後に素早く起きる技術が身に着き、リロードのスピードアップを成功させました。

タックルは攻める練習が圧倒的に多いですが、受け身の練習も同じくらい必要ですね。

 

まとめ

ラグビーのディフェンスにおける4つの基本的技術をお伝えしました。

ディフェンスは奥が深く、覚えれば覚えるほど面白くなります。

日の当たる場面が少ないディフェンス技術ですが、レギュラーを目指すべく研究に余念がないようにしましょう。

スポンサーリンク