ラグビーにおけるキックは、状況によって蹴り方が変わってきます。

ラグビーのキックは「かかとと膝を除いて、足または下肢のどの部分で蹴ってもよい。」と、ルール上決まっています(スクラム時はカカトもOK)が、実際にどんなキックの種類があるのでしょうか?

 

「ラグビー用語のキックには、どのような種類があるのか?」を、解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ラグビーのキックの種類1つ目:プレースキック

プレースキックとは、地面にボールを固定した状態で、助走をつけて蹴る動作のことです。

このプレースキックの状態になる場面は、主に2つあります。

 

コンバージョンゴールを狙うとき

キック による得点方法のなかで、トライの後にチャンスを与えられるコンバージョンゴールがあります。

これは H型のゴールバーに向けてボールをキックして

  1. 左右は両サイドモールの間
  2. 上下は真ん中の線より上

この2つの条件を満たすと、得点になります。

 

この時の蹴り方は、地面にボールを縦に置いて、5歩ほど下がり、助走してキックします。

ちなみに助走の距離は決まっていません。

これをプレースキックといいます。

このキックによるポイントは、2点入ります。

 

ゴールポストに正確に蹴り入れることが目的なので、ボールの位置や助走のルーティンワークにこだわりをみせます。

 

ペナルティゴールのチャンスを得たとき

次にペナルティゴールという状況の場合、プレースキックを使います。

これは相手が反則をしたその地点からキックします。

 

これもコンバージョンゴール同様に地面にラグビーボールを縦に置いて、ゴールバーに向けて、助走してキックします。

このプレースキックの場合、ポイントが3点になります。

 

ラグビーのキックの種類2つ目:ドロップキック

ラグビーには“ドロップゴール”という、キックによる得点方法があります。

これはプレイが進行しているときに、ラグビーボールを一旦ワンバウンドさせて蹴ります。

これをドロップキックと言います。

 

このドロップキックが、無事に ゴールバーを通過しますと3点入ります。

 

ラグビーのキックの種類3つ目:パント(ハイパント)

ゴールは狙わず、相手の陣営にボールを遠く運びたいときに、持っているボールを足元に落とし、地面に着く前に蹴る パント(ハイパント)というものがあります。

 

パントの目的は、基本的には遠くに飛ばすことですが、滞空時間が長いことが求められます。

パントの滞空時間が長いと、時間を稼ぐことが出来るため、その間に自分のチームをより有利な態勢をつくることができるからです。

 

ラグビーのキックの種類4つ目:ドリブル

ラグビーの試合ではあまり見ませんが、一応ラグビーにもドリブルもあります。

ドリブルのキックの動作はサッカーと同じで、ボール足に引っ掛けて行動することです。

 

ラグビーのキックの種類5つ目:グラバーキック

グラバーキックは、相手の背後に向かってゴロを転がすキックのことを言います。

(サッカーに例えると、スルーパスが近いですね)

動きながら楕円形のボールを回転させながら蹴るということもあり、難易度が高いです。

 

 

サッカーでラグビーのキックを学ぶことも重要

最近のラグビーでは、キックを多用するチームも増えてきました。サッカー選手からの転向組も少なくありません。

そのキックが主要のサッカーは、どのようなキックが存在するのでしょうか?

 

まず、サッカーはラグビーのように、明確な表現の違いありません。

 

サッカーでは基本的に、ゴールへの「キック=シュート」、味方へのキックを「パス」と呼びます。

 

一方、サッカーは蹴り方、ボールに足を当てる方法論が、ラグビーよりも深いものになっています。

 

基本的にラグビーで使うのは、サッカーに例えるとインステップキック(足の甲でボールを蹴ること)を使用し、それ以外のキックは、あまり使いません。

しかしサッカーの場合は、インサイドやインフロントキックなど、色んな部分を使ってキックを行います。

こういった蹴る部分の使い分けをラグビーで出来ると、より精度の高いキックが出来るようになると思います。

 

余談ですが数年前に、とあるテレビの企画で、ラグビーの経験のないサッカー選手がラグビーのゴールキックを行いました。

その際に2回目の挑戦で、40mのゴールキックを見事成功させました。

40mの距離は、ラグビー選手でも中々難しい距離なので、サッカー選手のすごさを垣間見ることができました。

 

 

ラグビーにおいてキックの能力は戦略上重要なものです。

また応援する人たちも、キックの種類や使い方分かればラグビー観戦も、より面白いものになっていきますね。

スポンサーリンク