ラグビーの経験が浅いときは、モールとラックの違いがわかりにくいものです。

また状況判断が難しく、ルールの完全把握には時間がかかります。

ここではラックとモールについて、それぞれの解説と違いを紹介します。

スポンサーリンク

 

ラグビーのモールとラックの違いをを解説!

客席でみるとラグビーのモールとラックは「同じように選手がもみ合っている状態」ですから、モールなのかラックなのかはわかりにくいです。

簡単に説明するとモールとラックの違いは「ボールを持っているかどうか?」になります。

 

モールとは

ルールブックには

モールとは、フィールドオブプレー内で行なわれるもので、双方の一人またはそれ以上のプレイヤーが、立ったまま、身体を密着させて、ボールを所持しているプレヤーの周囲に密集することによって形成される。

と説明されています。

 

一例ですが、ボールを持っている選手に対して相手チームの選手がタックルを仕掛け捕まえます。

しかしボールキャリアが倒れない場合、このボールの奪い合いのところにボールを持った選手の見方が応援のために、この2人に組合います。

合計3人以上の状態になるとモールと判断されます。

 

ラックとは

ルールブックでは

ラックとは、フィールドオブプレー内で行なわれるものです、ボールが地上にあって、双方の一人またはそれ以上のプレイヤーが立ったまま身体を密着させて、ボールの周囲に密集することによって形成される。

と説明しています。

ボールを持っている選手が、相手チームのタックルを受けてボールを地面に置くケースを想定して下さい。

ボールがグランドにある場合、ボールの周囲で両チームそれぞれ1名以上が立った状態で、ボールを自分のチームに導いたり、相手から遠ざけようとする行動や状態のことです。

スクラムはガッチリ組み合いますが、ラックは立った姿勢でもみ合いになることを指します。

ラックが形成されるとボールはスクラム同様、脚を使ってボールをかきだします。

 

モールの特徴

モールの状態はボールを持った選手が立っていますので、モールを組んだ状態で移動することができます

そのままトライということも頻繁にあります。

モールを組んだ状態で移動することをドライビングモールと呼び、戦術のひとつとして考えられています。

 

ラックの特徴

ラックはほとんどがタックルの後に組まれることが特徴です。

組み合った選手はスクラムのように、ボールを外に出そうとしていますので、組み合っている選手の移動は少ないです。

ラックからボールが出れば展開となり、こう着状態が続けばスクラムになります。

 

モールとラックの共通点はオフサイドの反則

モールとラックの共通点は、オフサイドです。

 

ラグビーのオフサイドは、簡単に説明すると

  • プレーに参加できるか?(オンサイドプレイヤー)
  • プレーに参加できないか?(オフサイドプレイヤー)

の略で、オフサイドプレイヤーがラグビーのプレーに参加しようとすると、反則になる…というものです。

 

モールやラックは15人制ラグビーでは、制限はありませんが、各チーム10人ずつくらいで組まれるものもあります。

この時にモールとラックに参加する場合、どちらも真後ろにつかないといけません。

なぜならオフサイドラインが、モールやラックに参加している最後方の味方選手の足の部分が境界になっているからです。

 

スクラムハーフがここへ入れと指示しているシーンを見かけた方もいるでしょう。

少しずれた斜め後ろからの加入は、オフサイドと見なされ反則になります。

 

終わりに

モールとラックは見た目は似ていますがそれぞれの特徴があり、経験を重ねるほど奥の深さに気づくプレーです。

初心者の方はここまでのところを覚えれば、試合や練習、観戦も楽しくなりますし、まだ知らない方がいたら教えてあげてくださいね。

スポンサーリンク