ラグビーのステップの切り方について悩んでいるラガーマンが多いですね。

ステップは確かに練習で上達するのですが、個人差があるので、ついあきらめてしまうこともありますよね。

ステップに行き詰ったときこそチェンジオブペースを活用することを提案します。

スポンサーリンク

 

ラグビーのステップ、チェンジオブペースをマスターしよう!

ラグビーのステップの基本はサイドステップ

ラグビーではボールを持って敵陣に攻めていくとき、次々と相手がボールを奪おうとタックルしてきます。

このタックルをかわして進んでいくことを「ステップを切る」といいます。

 

スタンダードのステップにサイドステップがあります。

横方向に足をステップしカラダの位置を横に移動させ相手の突進をかわします。

このサイドステップもレベルが上がるにつれ、相手に動きが読まれて動きを阻まれるケースが出てきます。

 

なぜチェンジオブペースを覚え無ければならない?

相手から「こいつはサイドステップしかしない」と思われてしまうと、動きが読まれてしまうので、捕らえられてしまいます。

 

ここでもし、もう一つ技術があればステップを切る成功率が上がります。

チェンジオブペースを覚えることで、ステップの幅を広げることが可能なのです。

 

チェンジオブペースとは他の競技にもある?

ラグビーに限らず、様々な競技でチェンジオブペースは使われます。

アメフトやバスケットでも使われます

 

スポーツではないですが将棋を例に取ってみましょう。

 

将棋には持ち時間があり、持ち時間内であれば自由に差していいのですが、持ち時間を使い切ってもなお勝負が決まらない時には1分以内に次の手を指さなければなりません。

試合展開が早くなりますが、この指し手の時間が急に変わることをチェンジオブペースと呼びます。

焦りから生まれる誤手が勝敗を分けます。

チェンジオブペースは、色々なシチュエーションで使われている言葉です。

 

ラグビーのステップのチェンジオブペースを解説します

チェンジオブペースは走る速度を変えることによって相手を交わしていく技術です。

ボールを持った時に相手との距離がある時に使えます。

 

まずはゆっくり走りだし、歩幅は小さく保ちます。

ここで相手が近づいてきたときに、一気にスピードを上げて走ります。

 

またはこの逆に「早く移動して、止まる、また走る」でもかまいません。

相手はこの変化に騙され、ついていけないことになるのです。

 

難しい動作ではありませんが、やはり練習は必要だと思います。

チームによっては通常のランニングにチェンジオブペースを取り入れて日常からレーニングをしています。

 

チェンジオブペースのコツ

チェンジオブペースは、1対1の場面で効果を発揮しやすいです。

特にセブンズではひとり抜くとトライが大きく近づきますので、積極的に使いたいですね。

チェンジオブペースは、足の速さがそれほど重要ではないので、スピードに自信のないラガーマンに向いているステップといえます。

 

終わりに

チェンジオブペースは、見た目がサイドステップの様な華麗さがないのですが、不思議と相手をかわすことができるステップです。

練習を重ね技術を身に付けるというよりも、タイミングやコツが解れば比較的早く身に着くステップといえます。

ステップに悩んでいるラガーマンはチェンジオブペースを取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク