ラグビーボールは、アメリカンフットボールと同様に楕円形の形をしていますので、パッと見た感じでも、ラグビー、あるいはアメフトだとわかります。

なぜこのような形になったのでしょうか?

ラグビーボールの由来が気になり調べてみました。

スポンサーリンク

 

ラグビーボールの形の由来とは?

ラグビーボール誕生までの由来は1つなのですが、その過程でラグビーが出来た由来が、2つに分かれます。

  1. サッカーボールから変化した
  2. スティックタイプのものからの変化した

では、それぞれについて詳しく説明します。

 

1.ラグビーはサッカーから由来していた?

一つ目のラグビー誕生秘話から。

私も以前信じていたラグビー誕生の話ですが、少しおさらいしましょう。

 

1823年のある日、学校でサッカーの試合が行われていました。

その時のメンバーであるエルス君が突然、サッカーボールを持ってゴールまで走ったことが、見ていた人に面白いとヒントを与えたのでしょうね。

それからラグビーが始まった….と伝えられたお話です。

年代とボールを持って走った人物もはっきりと特定されてはいますが、エリス君が作った、広めたという意見は聞きません。

 

 

2.ラグビーボールの由来はスティックタイプのものからの変化した

中世の時代にヨーロッパでは、バトンやフラッグの様なものを受け渡ししながら、相手の陣地を奪う「祭り」が行われていました。

イタリア語でサッカーのことをカルチョともいいますが、この「カルチョ」という競技は、ボールを手と脚を使って奪い合います。

このカルチョはプロレスのようにヘッドバット、パンチ、キック、首を絞めるなどが許されていますので、この陣取り合戦の「祭り」自体も同様のルールが適用されていると考えるのが自然です。

 

この祭りが原形であれば、徐々にスポーツらしくなっていったものがラグビーやアメフトとなった説も、しっくりいきます。

大昔は丸いものを作る技術がなく、バトンのようなものは作りやすかった背景も浮かびますからね。

これを正式な球場で行う際に「ボール状のもの」にする必要がでてきました。

 

当初のラグビーボールは、重く丸いタイプだった

1823年からラグビーが始まりましたが、ボールはサッカーボールのように丸いものでした。

だんだんと選手からボールについて意見が出てきました。「ボールが重い」という意見です。

確かにボールを転がすサッカーでは気にならないことです。

腕が疲れすぎてボールを抱えきれないことが原因でスピード感に影響が出たのでしょう。

 

ラグビーボールの由来は豚の膀胱だった!?

そして、軽いボールの開発を靴職人のウィリアム・ギルバード氏に頼むことになりました。

この時のボールの材料に豚の膀胱を使用したそうです。

この膀胱を膨らませると楕円形になったので、周辺に牛革を張り付けてラグビーボールとしたそうです。

丸いボールから楕円形のボールになったのですが、選手が実際に使用してみると軽く持ちやすくいことから、楕円形のボールが今日まで行け継がれることになります。

 

まとめ

ラグビーボールの由来は確実ではありませんが、大きく2つに分かれます。

サッカーボールからの変化と、バトンやフラッグなどスティックタイプのものからの変化ですね。

また新しいことがわかりましたら、こちらで報告いたします。

スポンサーリンク