ラグビーのキックはむずかしい…とサッカーの経験者も言います。

まずはラグビーのアイコンでもある楕円形のボールの扱いに慣れなければいけません。

中学、高校とステージが挙がっていくに従い、キックの能力が求められることも事実です。

 

今回はパントキックを上達させたいと思っているラガーマンにアドバイスを送ります。

スポンサーリンク

 

ラグビーのパントキック上達について

キックと聞いて頭に浮かぶペナルティキックやコンバージョンキックは、地面にボールを置いて相手のゴールに蹴り込むプレースキックと呼ばれるモノですが、これはチームでキックの上手い選手が専門的にやります。

今回は、ポジション問わずプレー中に使うパントキックの上達を考えてみます。

 

 

パントキックは状況を一瞬で変えることができる魅力がある技術です

試合中のキックからチャンスが生まれることも多く、また展開が悪い時にラグビーボールをタッチラインから外に出すことをねらって蹴るときにもパントキックを使い、陣地が挽回できます。

まずはボールの方向や距離の正確さ、いわゆるキックのきっくでも高いコントロール性を身に付けたいですね。

 

パントキックとは?

パントキックとは自分が持っているラグビーボールを足元に落とし、ラグビーボールが地面着く前に蹴り上げるものです。

パントキックは長距離を稼ぐことができ、高く打ち上げることで時間を稼ぐこともできますね。

パントが自由自在に使えるようになれば、チームの戦術がより多くなります。このパントキックの技術を誰にも負けないくらい磨いていきましょう。

 

初心者の場合は、ボールを真横に倒した状態でボールをふわりと浮かせ、ボールの真ん中を蹴りましょう。

ボールが真横の状態で狙ったところにいくようになったら、スクリューに移りましょう。

 

ボールにスクリューをかける蹴り方を身に付けよう!

ラグビーのパスにもスクリューボールの投げ方・蹴り方があります。

 

スクリューを掛けるメリットは、ボールの飛距離が伸びることです。

ボールを真横に向けて上手く蹴れるようになったら、キックでもスクリューが掛かるよう練習しましょう。

 

 

  1. まず真横に浮かせていたボールを「ハ」の字の角度くらい傾けます。
  2. 次に右脚で蹴るならボールの左側が前に行くようボールを浮かせ、真ん中あたりを蹴り上げます。

この練習を繰り返すと、スクリューキックができるようになります。

 

走りながらキックに入るタイミングをつかもう!

助走をうまく使うことができれば、ボールにチカラが伝わりパワーがなくても飛距離が出ます

 

キックの接点を勉強し、飛距離を生むキックを身に付けよう!

ボールにうまくキックのチカラを伝えたいわけですが、ボールとシューズの接地する箇所でボールの角度や初速が変わりますので、一定のところがミートできるように練習しましょう。

 

腕を大きく使おう!

五郎丸選手など一流選手は、左腕を大きく動かして、その反動を利用し右脚のキックにつなげています

キックの場合は下半身に着目しがちですが、腕の振りも意識しましょう。

 

筋トレを取り入れて必要な筋力を着けよう!

これはみなさんにおすすめはしませんが、明らかに筋力が足りない人はレッグエクステンションというマシンを使って、太ももの前面を鍛えるようにしましょう

この方法は勧めるトレーナーも多く、効果を得やすいと思います。

 

 

今回はどのポジションの選手にも身に付けてもらいたいパントキックの上達方法を特集してみました。

やみくもな練習よりも、 目的意識をもった考える練習のほうが上達が早いです

 

スポンサーリンク