日本ラグビーのユニフォームといえば、首回りに襟(えり)付きの綿で作られたユニフォームが

長い間使われていましたが、2015年のワールドカップのユニフォームから襟が無くなって、素材も変わりました。

デザインは申し分ありませんし、とてもカッコイイですね。

 

しかし、襟付きこそラグビーのユニフォームという声も無くなっていません。

今回は、雑学にはなりますが、ユニフォームの襟について考察してみました。

スポンサーリンク

 

ラグビーの襟付きユニフォームの由来とは?

襟の発祥地はヨーロッパです。襟も多様性があるのですが、一般的にはYシャツの襟がわかりやすい形ですよね。

シャツに襟が付いた現形に落ち着いたのは中世の頃で、ヨーロッパの上流階級しか着用できませんでした。

19世紀ごろから折り襟が主流になったそうです。

ちなみに日本では文化改新の明治時代から襟付きのシャツが導入されました。

 

ラグビー発祥の地がヨーロッパのイギリスといわれています。

紳士的な服装を好む国として有名なイギリスの考え方がラグビーのユニフォームにも、 襟をつけたのではないでしょうか?

紳士の国イギリスでは、ラグビーの試合終了後に食事をとることが多かったそうで、ユニフォームで参加できるよう、襟付きのユニフォームが作られて普及したとも伝えられています。

 

ラグビーのユニフォームは襟が白色のタイプが多かった!

現在の様な高機能ユニフォームに変わる前のラグビーのユニフォームは、 綿(コットン)で作られていました。

普段着でも使えるほど肌触りが良く、簡単に破れない丈夫なものでした。

襟の部分は、白色が多かったです。なぜ白色が多かったのか、ハッキリとわかりませんが、 カラーデザインの観点から決まったのでは?と思います。

 

襟が白色なので、首輪の汚れが目立ち、洗濯に苦労したことを覚えています。

現在も、ラガーシャツタイプのユニフォームは、白襟が主流です。

 

ラグビーのユニフォームに襟は必要?

ラグビーのユニフォームに襟が付いていると、首元がつかみやすいことが挙げられます。

あとはスクラム時に、襟と耳がこすれて痛かったことを覚えています。

 

個人的な意見ですが、機能的には無くても困らない、あるいは無くてもいいと思います。

ですがデザインの観点で考えますと、襟付きのほうがカッコイイですね。

 

イギリスのラグビートップチームは、現在も襟付きにこだわって いる!

 

ラグビーのユニフォームは年々進化し、高機能のユニフォームが主流となり、襟の部分はほとんどなくなりました。

ですがイギリスのラグビーチームは、襟付きのユニフォームにこだわり異彩を放っています。

少数派になった現在は逆に新鮮で、カッコいいという声が多くなっていますね。

 

 

世界的にラグビーの襟付きユニフォームが減少しつつありますが、ラグビーの歴史やレトロ感が残る見栄えの良い襟付きのラグビーユニフォームは、ぜひ残してほしいですね。

 

スポンサーリンク