身長が伸びなくて悩んでいるラガーマンは、私のまわりでも多くいます。

ラグビーは身長の高い選手が有利であることは間違いありません。

それは高い位置でボールを操ることができるからです。

 

しかしラグビーでは、身長が低くても出来るポジションがあります。

特に学生ラグビーのレベルでは、身長差を身体能力でカバーできますから、色々なポジションにチャレンジすることもできます。

ここではラグビー選手の身長とポジション適性について調べてみましたので、これを読んでいるあなたの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

花園ラグビーに出場する高校生ラガーの身長とポジションの関係とは?

全国高校ラグビーの頂点を目指す高校生ラガーの、身長とポジションの関係について考察します。

 

まずFWの8人ですが、175cm以上の選手が目立ちます。

しっかりスクラムを組むFWの選手には相手を押し切るパワーと簡単に下がらない体重が必要で、 90~100kg級の選手が多くなります。

 

160cm台で100kgを超える体格の人が あまり世の中にいないように、ラグビー界でもあまり見かけないです。

必然的に身長が高い人がそろってくるポジションですね。

 

続きましてBKのポジションについてですが、 こちらは160cm~170cm前後の身長の高校生ラガーが目立ってきます。

 

低い身長でもラグビーで活躍している3つのポジション

 

スクラムハーフ(SH)

カラダの小さい選手が活躍するSHは、どの学校も判断力や反射神経、 パスのうまさなどを重要視して起用しています。

特に脚の速さも要求されないポジションなので、 努力次第で勝ち取れるポジションといえますね。

 

スタンドオフ(SO)

SOについても体格より能力のほうが大切です。

FWとBKの中間でゲームメイクする判断力、 すなわちラグビーをよく知っている人が立つポジションでしょう。

 

ウイング(WTB)

WTBは、ボールを持って一気に得点できる俊足プレーヤーを配置することが多いです。

体は小さいが軽やかなステップで相手の突進をかわしていくところは、ラグビーの醍醐味のひとつでもあります。

 

トップリーグでは、簡単にディフェンスを抜くことができずに捕まってしまいますので、 捕まってもそこからボールを展開していく戦略を取ります。

簡単に倒れないよう大きな選手を起用することも多くなってきました。

 

 

ラグビーでは身長が低いと望むポジションで活躍できないのか?

ラグビーの世界において身長が低い選手は望むポジションで活躍することができないのでしょうか?

ラグビーには多くのポジションがあるため、身長が低いからといって活躍できない競技ではありません。

 

例えば、今となっては日本代表に欠かせない存在となった田中史朗選手。

彼の身長は166cmです(ポジションはSH)。

 

田中選手はトップリーグのみならず、世界最高峰といわれている スーパーラグビーの名門チームである“ハイランダーズ”に入団経験があり、 日本人として初の快挙となりました。

 

また、2015年には所属していたハイランダーズが優勝したことで、 日本人の選手として初めてスーパーラグビーの栄冠を手にしました。

同じく2015年はラグビーW杯日本代表として強敵南アフリカ相手に大金星をあげ、注目されました。

 

田中選手のように身長が低くても、スキルを活かしたプレーや、 大きな相手にも恐れず向かっていく勇気があれば、 世界を相手にしても活躍できます

もちろん田中史朗選手がとてつもない努力を重ねていることを、忘れてはなりません。

 

まとめ

身長が低いことは、成長期を過ぎてしまえばどうしようもありません。

しかし、低いタックルが有効であることはよく知られています。

そのため、ひと際目立つスキルを身に付けたり身長を活かしたプレーを見つけることで、 自分のポジションを見つけられるはずです。

 

カラダが小さいことを前向きにとらえ、目標とする選手を見つけるのも良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク