ラグビーで重要な技術の一つであるキックですが、トップリーグのキックのうまい選手達はやはり、多くの練習を重ねています。

ラグビー選手にはサッカー出身の選手も多く、サッカーを経験していない人は、キックの技術力で劣ってしまいます。

ラグビー選手は普段の練習では個人技であるキックの練習はなかなかやりにくいものです。

ちょっとしたスキマ時間にをうまく活用してキック力を磨きましょう。

スポンサーリンク

 

ラグビーのキックの練習をひとりでおこなう場合

ドリブル

サッカーではよくみられるドリブルですね、これからやってみましょう。

実際ラグビーのゲームでドリブルをすることはあまりありませんが、楕円形であるラグビーボールの動きや特性を知ることができます

徐々にスピードをアップしていくとボールを強く蹴る必要ができますから、ボールの動きの不規則性が増して、コントロールがさらに難しくなります。

最初はとにかくうまくいきませんが、少しずつ慣れてきますので気長にやりましょう。

 

真上にラグビーボールを蹴る

サッカーでリフティングといって、地面に落とさずボールを蹴り続ける練習がありますよね。

これはすこしづつ蹴って続けていきますが、ラグビーの練習としては1回ずつ区切ります。

 

軽く上にラグビ-ボールを蹴り上げ落下してきたところを両腕でキャッチ。これを繰り返しますと、だんだん強く蹴ることができるようになってきます。

この練習を繰り返すことにより、チカラの加減で距離を調整することができるようになる感覚が養われていくのです。

 

ラグビーのキックの練習を二人一組でおこなう場合

パントキック

まずは、ラグビーボールを自分の前にふわりと浮かせ、ボールが地面に着く前に正面の相手に蹴ります。

この練習も至近距離から始め、少しずつ離れていきます。

これは距離感とコントロールを磨く練習で、それほど広くない場所でも手軽に行えるメリットがあります。

 

ドロップキック

次はドロップキックの練習ですね。

先ほどはノーバウンドでのキックでしたが、一度地面に落として、跳ね上がったところをすくいあげるようにラグビーボールを蹴っていくのがドロップキックです。

 

このドロップキックは、少しむずかしいキックですよね。

ラグビーボールは楕円形ですから、ボールをうまく落とす練習から始めなければなりません。

ラグビーボールの尖った部分を地面に落とすのですが、自分の体にボールの先端を向けてボールを落とすよう心掛けてください。

だんだんと同じところにボールが返ってくるようになりますから、あきらめずに練習しましょう。

 

落とすボールの跳ね返りが安定してきたら、キックに入ります。

ボールの真ん中のやや下側を蹴ります。

ここらあたりを蹴るとボールにしっかりとチカラが伝わります。

 

あともうひとつコツを覚えなければなりません。

ボールを蹴るタイミングですね。

ボールの跳ね返りが安定していれば、簡単に蹴るタイミングが身に付きます

最初うまくいかなくても心配するほどのことではありませんので頑張りましょう!!

 

まとめ

ラグビーにおいてキックの種類は、コンバージョンキック、タッチキック、パントなどゲームの状況に応じたものがあります。

キックの技術の習得は簡単ではありませんが、キックの技術をマスターすることにより、多様なポジションをこなせるようになります。

多様なポジションをこなせるようになれば、出場機会も増えますので、スキマ時間をみつけてはキックの練習に励んでいきましょう。

スポンサーリンク