ラグビーには7人制、10人制、15人制と出場人数の異なる試合形式があります。

最近では7人制ラグビー(セブンズ)が2016年リオデジャネイロオリンピックから正式種目として採用されたことで注目されています。

2016年のオリンピックに正式種目として採用されたということは、 2020年に開催予定の東京オリンピックでも実施されるということです。

 

15人制の試合と7人制の試合には、大きな違いとして試合時間の長さやポジションなどがありますので、色々な違いについてこれから解説していきます。

スポンサーリンク

 

7人制ラグビーと15人制ラグビーは、試合時間など大きく4つ違う点がある!

7人制ラグビーの基本的なルールや反則は15人制とほとんど同じです。

7人制ラグビーのフィールドは15人制と同じ大きさです。

そのため、一人当たりに与えられるスペースは広くなります。

 

フィールドの広さを活かした戦い方になるので、7人制ラグビーはスピード感のある試合展開が特徴です。

15人制のゴツゴツとしたイメージとは異なるため、別の競技であると言っても過言ではありません。

 

7人制ラグビーの基本ルールについて

グランドのサイズ

15人制と同じ100m×70mで行われます。

選手1人にかかる負担が大きくなりますが、スペースが広くなるため得点のチャンスは多くなります。

 

試合人数

7人制ラグビーの試合は、7対7で行われます。

ポジションはFW3人、BK4人と限られたものになり、スクラムは3人で組みます。

試合時間

試合時間は7分ハーフです。

ハーフタイムは2分です。

前後半とハーフタイムを含めても20分程度で試合が終わるため、観戦がしやすいところも魅力です。

 

キックの違い

トライ後に与えられるコンバージョンキックの方法が異なります

15人制ではボールを地面に置いてキックしますが、7人制ラグビーでは、ボールを手から落とし地面に一度バウンドさせて蹴る(ドロップキック)方法を採用しています。

 

得点後の試合再開のためのキックオフも異なります。

7人制ラグビーでは、得点した側がボールを蹴り出します。

 

7人制ラグビーの魅力とは「人数の少なさ」と「試合時間の短さ」の2つ

7人制ラグビーの魅力はどこにあるのでしょうか?

それは、「人数の少なさ」と「試合時間の短さ」にあります。

 

人数の少なさで個人技が際立つ

人数が少ないことでスペースが広くなることにより、個人技が光ります。

 

1対1でステップを切って抜き去る場面や、俊足を活かしたプレーなど、個人技の凄さが際立ちます。

また、その個人技が、直接トライにつながるケースが多く、あまりラグビーを知らなくても盛り上がることができます。

 

試合時間の短さ

そして、7人制ラグビーがオリンピックの正式種目に採用された背景として、試合時間の短さがあります。

1日に2~3試合をこなせるため、短期間でリーグ戦やトーナメント戦が行えます。

 

また、接触プレーが少ないため負傷するリスクが低くなっています。

このため、15人制に比べて選手への負担が少ないことも、7人制ラグビーがオリンピックの正式種目に選ばれた理由です。

 

 

7人制ラグビーはスピード感があり、前後半とハーフタイムを含めても 20分程度と試合時間が短いため、選手や応援するファンの負担が軽く、15人制ラグビーに比べると観戦しやすい競技です。

 

これから世界で広がりを見せていく7人制のラグビーを知り、2020年開催の東京オリンピックをより楽しみましょう。

スポンサーリンク