ラグビーでボールを投げるシーンというのは、ざっくりいうと2つのパターンが考えられます。

  • セットプレーであるラインアウトの時に、一人のスローワーが両チームに間にボールを投げ込む
  • 通常のゲーム中に行われるパス

以上のように分かれます。

よくあるラグビー選手のボールの投げ方についての悩みは、

  1. 遠くに投げたいんだけど、うまくいかない
  2. 狙う方向にラグビーボールがまっすぐに行かない

この2点に集約されます。

こういった悩みの解決に向け、ラグビーボールの投げ方について解説します。

スポンサーリンク

ラインアウトでのスローワーの悩み

まずはセットプレーの一つであるラインアウトの時に、投げるスローワーの持つ悩みからです。

ラインアウトはタッチラインから5m、内側に離れた場所から10mの間に各チームが一列に並ぶことになっています。

人数は2人以上というルールが決まっているだけで、何人でも構いません。

 

ボールを投げられるスローワーは1人、各チームの列の間が1mの間隔がありますので、その間にまっすぐボールを投げないといけません。

ボールが左右にハズレますと、ノットストレート”といわれる反則がとられ、チームはピンチになります。

 

反則を取られないように、遠く離れたチームメイトに正確にボールを送ろうと考えるため、緊張感は増します。

緊張しますと「ボールがまっすぐ行かない」、「自信がない」といった悩みを抱えるようになります。

 

投げるラグビーボールがまっすぐに行かない

スローワーにとっての悩みは、特に遠くに投げる場合にまっすぐ行かないことが多いですね。

特に、高校生以上になると、横の回転を掛けたスクリューボールを投げますから、このスクリューボールでのコントロールが重要になります。

 

スクリューボールは、サッカーのように両手を真上から振り下ろすスローインの仕方では、コントロールが難しいです。

なぜなら、遠くに投げようとすればするほど、スクリューさせる利き手のほうが強く働きますので、右利きなら向かって左に曲がってしまうからです。

これは、なかなか直せるものではなく、相当な訓練が必要になります。

 

投げ方を少し変えることにより、ラグビーボールがまっすぐ投げられるようになる

「では、どうやって投げれば良いのか?」というと、右利きならば、ラグビーボールを神輿を担ぐような姿勢で、右肩に乗せるように構えます。

また、両足も平行スタンスから、右足を引いた形をとります。

 

ボールの持ち方は同じで両端付近をつかみ、左手は添えるだけで、主に右手を押し出しながら、前方にラグビーボールを思い切って投げます。

この時に注意するポイントは2点。

  1. 回転させようと思わないこと
  2. 手首は曲げずに立てたままの状態で投げること

ボールは意識せずともスクリュー回転が掛かります。

 

この練習をくりかえせば、比較的早い時期に遠くにまっすぐ、ボールを投げ入れることができるようになるでしょう。

つまり、ラグビーボールを遠くにまっすぐ投げたいときは、投げ方を変えてみることがポイントになります。

 

遠くの味方にボールをパスしたいケースの投げ方

続いて、通常のゲーム中に行われるパスの投げ方についての悩みです。

 

通常のゲーム中に行われるパスの場合、遠くの味方にボールをパスする場合に、うまくいかないことがほとんどです。

遠くの味方へパスをする場合は、スクリューボールを投げることは同じですが、パスなので下から上に腕を振ります。

要点はパスを投げるときのラグビーボールを持つ手の位置です。

 

例えば、左側の味方にパスする場合は、ボールの真ん中あたりを右手で持ちます。左手は添えるだけにして、この状態でパスを投げます。

そうすると、あまり意識せずともスクリューがかかるはずです。

 

遠くに投げるときはポイントを意識して投げよう

実際ラグビーボールを思った通りに遠くへ投げることは、難しいです。

遠くへのスローインやパスができるようになると、大きな技術が身に付いたことになり、チームの戦術に大きな幅を持たせる選手として、まわりから認められるようになります。

簡単に身に付くものではありませんが、さきほどのポイントを重視して練習してみてください。

スポンサーリンク