ラグビーの試合を見ていて、初心者の人によく「分かりにくい!」といわれる、ラインアウトというプレーがあります。

見た感じでは同じようにボールが外に出た場合でも、状況によりマイボールのチームが変わるからです。

 

また、ラインアウトはマイボールにもかかわらず、列の真ん中のラインに投げますので、「マイボールのメリットがわからない」と言われたこともあります。

このように、ラグビーのラインアウトについて、少しわかりづらい部分やルールも含めて解説していきます。

スポンサーリンク

 

ラグビーにおけるラインアウトとは?

ラグビーは反則やボールがタッチラインから出てしまうと、試合が中断します。

基本的に試合再開は、ラインアウトかスクラムの二つから始まります。

 

ボールのキック、相手のタックル、スクラムなど、ボールがタッチラインから外に出るケースは頻繁にあるのですが、そのたびに試合の再開のために行われるセットプレーがラインアウトです。

ボールがタッチラインから外に出れば、次はラインアウトと覚えてください。

 

ラインアウトはスクラムと同じく重要なセットプレー

ラインアウトは 1試合で20~30回ほど行われる重要なセットプレーです。スクラムよりは多い感じですね。

ラインアウトになる前にボールがラインの外に出て審判が旗をあげますが、これはサッカーとは逆で、ボールを出した方ではなくて、ボールを出された方、すなわちラインアウトでボールを投げ込むチームの旗が挙げられます。

 

ラインアウトに参加する人数はルール上何人?

スクラムの場合、参加人数はフォワードの8人と決まっていますが、ラインアウトの場合は何人なのでしょうか?

ラインアウトに参加できる人数は、最大フォワードの7名とバックス7名の合計14名(オールメンと呼ばれる)です。

ラインアウトはルール上“2名以上”とだけ、決まっています。またボールを出したチームは、列の人数を相手に合わせなければなりません。

 

また、バックスが参列する時には、フォワードのメンバーから10メートル以上の距離が必要です。

 

ラグビーにおけるラインアウトの並び方

ラインアウトの並び方は、まずラインに対し垂直に、各チームが1列ずつ並びます。

並び合う両チームの距離は1メートル離れていて、真ん中のラインを基準にしますと、それぞれのチームが50センチずつ距離をとることになります。

ボールを投げるひとであるスローワーはボールを外に出したチームの相手になります。

 

ラインアウト時、ボールの投げ込み方のルール

ラインアウトでスローワーが投げ込むボールは、両チームの列の真ん中に投げなければならないルールがあります。

マイボールなのに、少し変ですよね?マイボールのメリットは、あるのでしょうか?

・・・というと、実は投げ方により、自分のチームがボールを取れるコツがあるのです。

 

ラインアウトでマイボールの場合、自分のチームがボールを取るためのコツとは?

実は、スローワーはボールの投げるスピードと投げる距離を変化させることができるので、どうやって投げるのか、サインや掛け声で味方に伝え、準備をさせます。

このサインに合わせて選手がジャンプしますので、ボールが取れるわけです。

選手を担ぎ上げて、空中でボールを奪い合うシーンは、ラグビーの醍醐味といえます。

 

ラグビーのラインアウトにおける2つの反則ルール

ラインアウトでは、やっていけない2つのルールがあります。

  • 2列の真ん中のコースにまっすぐボールが投げられなかった場合(ノットストレートと言います)
  • ボールを持ってない選手にチャージや妨害をした場合

この2つのルールに反した場合は、反則が撮られます。

 

ラインアウトの条件付きのルール

実はラグビーでは、自分のキックで外にボールを出しても、ラインアウトのボールがマイボールになることがあります。

それはペナルティーキックの場合です。

 

先ほど説明したように、ラインアウトはボールを外に出したチームの反対のチームがボールを投げる権利があります。

しかし、ペナルティキックの場合、どの位置からでもキックでボールを外に出せば、ラインアウトのボールはマイボールになります。

 

ラインアウトの場所は、ボールの出た状況によって変わる

本来はボールの出た場所で ラインアウトがスタートしますが、

キックをした場所がグランドに書いてある22メートルラインを超えているかどうかと、バウンドしたかどうかが関係します。

  • キックした場所が22メートルラインより自分のチーム寄りの場合
    バウンドは関係なくボールが外に出たところからラインアウト

 

  • キックした場所が22メートルラインより相手チーム寄り(トライする方向)の場合
    バウンドして出た場合は、ボールが外に出たところからラインアウト
    ノーバウンドで出た場合は、ボールが出た場所ではなく、蹴った位置のラインまで戻りラインアウト

 

以上ラインアウトについて、基本的なところから、分かりにくいルールまで解説しました。

ラインアウトはスクラム同様、よくみるプレーです。早く覚えてラグビーを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク