ラグビーだけに限らず、様々な球技には“パス”が存在します。重要な技術の一つですね。

ラグビーの「パス」という呼び名はラグビーのキックと同様に、動作名と作戦や状態に分かれます。

早速、ラグビーのパスの種類について説明します。

スポンサーリンク

ラグビーにおけるパスの特徴

ラグビーのパスの特徴は、至近距離のパスが多いことです。

ラグビーのパスといえば、走りながら右へ左へパスしていくシーンが目に浮かびます。

そのために掛け声やチームワークが大切です。

 

また、ラグビーはボールを持って前に進むことが前提の競技ですので、前方にボールを投げてパスすることは出来ません。

パスは横から後方に向けてしかできないことが、ラグビーのゲーム性や特殊性を高めています。

相手に捕まり、倒される前にボールを味方にパスして渡し、繋げていくことがラグビーの醍醐味です。

 

パスが連続で決まると非常に見ていて美しく、感動的なものです。

“パス”と一言で言っても、パスを投げるほうは、パスをするスピード、パスを投げるボールの高低、角度、距離、楕円形のボールの傾き、ボールの回転数…。

また、パスを受けるほうは、投げやすいように構える、ボールを落とさないようにキッチリとキャッチする、など意識することは多くあります。

 

【ラグビーのパス】3つの投げ方について

ラグビーのパスの投げ方は、主に3つあります。

  1. ストレートパス
  2. スクリューパス
  3. フリックパス

以上の3つです。それでは、詳しく説明します。

 

ストレートパス

ラグビーで一番使われる、普通のパスのことです。ボールの真ん中辺りを両手の手のひらをつけて持ちます。

至近距離の味方にボールを渡すのですが、 両手で下から上に少し浮く感じで投げます。

ボールが”縦に無回転”の状態が、パスを受け取る相手にとって、取りやすい投げ方ですね。

 

キャッチする側も、ボールが面で飛び込んできますので、ミスがしにくいです。

ミスがしにくいことから、パス回しが早くできます。

パスを投げる側は、相手が受けやすい形になるよう、相手を思いやって投げることが重要です。

 

スクリューパス

これはボールに回転を加えて投げるパスです。

 

スクリューパスにする利点は、まず速いスピードのボールが投げることができますね。

また、遠い味方の選手に投げることができます。

その代わり回転がかかっていますので、キャッチすることは少し難しいです。

そのため、スクリューパスにするとノックオン(ボールをこぼしてしまう)につながる可能性が高まります。

 

フリックパス

フリックパスは、パスの投げ方はストレートパスと変わりませんが、ボールの持ち方が違います。

両手の指だけを使いボールの一番下(尖っているところ)をつかみます。

この状態でストレートパスと同じように投げます。キャッチする側も指を中心にボールの下の部分をキャッチします。

 

フリックパスは、オーストラリアなど諸外国では主流のスタイルのパスですが、日本ではあまり使っていないようです。

 

 

ラグビーでパスをする状態や作戦について

ラグビーでは、練習メニューや作戦で使用するパスにも、種類があります。

練習メニューや作戦で使用するパスの種類は、メジャーなもので5つあります。

  1. スタンディングパス
  2. ランニングパス
  3. ループパス
  4. スイッチパス
  5. オーバーヘッドパス (飛ばしパス)

それでは、それぞれについて詳しく説明します。

 

スタンディングパス

止まった状態でパスを投げたり、受けたりすることです。試合では立ち止まることはないですから、練習メニューに使われますね。

 

ランニングパス

走りながらパスを出したり、パスを受けることです。

試合では主にランニングパスになります。

ランニングパスでは、スピードが掛かってきますので、難易度が上がります。

まずは、まっすぐ走る練習をしましょう。

「真っ直ぐ走るのは簡単でしょ?」と思うかもしれませんが、横を向いているので、練習でもまっすぐ走るのはうまくいかないものです。

文章だけでは信じることができないかもしれませんが、実際にやってみると、その難しさが分かります。

 

ループパス

ループパスは、パスとパスとをつなげていくことです。4人から5人くらいまでパスを次々と繋げることをいいます。

こちらも練習メニューに使われる用語です。パスを受ける側は味方との間隔の維持、距離感が大切になります。

 

スイッチパス

スイッチパスは、パスの流れを変えるため、違う方向に走る選手同志が、すれ違いざまにボールを渡します。

戦略上、相手の意表を突くプレーのことです。

 

オーバーヘッドパス (飛ばしパス)

オーバーヘッドパスは、すぐ隣りにいる選手ではなくて、ひとりの選手を飛ばして、隣りの隣りの選手にパスすることです。

作戦面、練習で使用する用語です。

 

 

このほかにも数種類のパスがありますが、マイナー(使用頻度が低い)なので、控えました。

以上、ラグビーの「パスの種類」について説明しました。

 

ラグビーの原点といえるパスは、才能より努力で培われるテクニックです。

練習すれば上達しますので、しっかりと身に着けるようにしましょう。

スポンサーリンク