ラグビーにおいて、パスキャッチという基本動作の大切さはみなさん知っていると思います。

ですが、ラグビー初心者の中にはうまくパスキャッチができないことで悩んでいる選手が少なからずいます。

そんな悩みを解決するべく、ラグビーのパスキャッチがうまくいかない原因パスキャッチが上達する方法をわかりやすく解説いたします。

スポンサーリンク

 

ラグビーのパスキャッチがうまくいかない理由とは?

相手のプレッシャーを意識しすぎている

ラグビーのパスキャッチは練習と試合では違いがあるのですが、それは何なのか?

まず一つ目は相手のプレッシャーがあるのかないのか?ですね。試合でのプレッシャーは本当に大きい邪魔者で、パスキャッチを目指すプレーヤーの視線やカラダの動きを奪ってきます

練習ではパスキャッチがうまくいくけども試合では….というプレーヤーはここがポイントのひとつになるのではないでしょうか?

パスキャッチの際、ラグビーボールから視線が一瞬離れてしまうとボールとの距離感がずれてしまい、ボールを落としてしまいます。

 

対策・・・スムーズな視点の転換、視野を広げる

3人一組でラグビーボールを2つ使い、パス練習をおこないます。

横一列に3人が並び、中央にいるプレーヤーが練習の対象になります。

 

この中央のプレーヤーがひとつのボールを常に持ちます。

中央のプレーヤーがボールを頭上に投げます(できるだけ高く)。

ボールが宙に浮いている間にサイドのプレーヤーからパスを受け、別のプレーヤーにパスをするという方法です。

 

ふたつのボールを意識する必要があり、視野を大きく持つ、あるいは視点の転換の能力が高くなり、プレッシャーに負けないパスキャッチができるようになります。

 

ボールの勢いを吸収する感覚が持てていない

ラグビーボールを受ける技術のひとつにアーリーキャッチがありますね。

これはボールに向かって早く手を伸ばし、相手から一歩早くボールを奪う方法です。

この方法と反対の動きですが、パスされたボールの勢いを吸収してしまう、柔らかいパスキャッチを意識してみると、強いパスもうまくキャッチできるようになります。

ボールを受ける指や手首、ひじ、ひざを使っておこないますが、感覚的な動作なので個人差がありますが、トレーニングを重ねると感覚がつかめるようになります。

 

対策・・・変化に富んだパスをもらう練習をおこなう

ラグビーではパスに意識を置いた練習は比重が高いのですが、キャッチに比重を置いた練習は意外と少ないものです。

どういうことかといいますと、パスを投げる側は相手のことを考えて投げることを意識していますから、取りやすい場所へ、取りやすいスピードで投げるからです。

わざとはずしたパスはあまりしませんよね。

ですからスピードの強弱や高低差をつけたパスをしてもらう練習をおこないます。

この練習に寄り様々な体勢でボールを受けることになりますから、パスキャッチに必要ば柔軟性が自然と身についてきます。

 

まとめ

今回はパスキャッチの上手くいかない原因の解説と対策の練習方法を紹介しました。

ひとりでできる練習ではないので、同じ悩みを持つ仲間と一緒にパスキャッチの上達を目指していきましょう!

スポンサーリンク